不良クリスチャン、よこさまの教会生活、感じた事、そしてクリスチャン・ミュージシャンのライブレポートなど・・・特に「ジーザス」については、熱く語ります。(*^-^*)ゴッド・ブレス・ユー!!
よこさまのつれづれ草
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
柿の露天販売
2005-10-15-Sat  CATEGORY: 未分類
今日は、なぜか初夏のような感じです。昨日もそんな感じだったかな?さて、今日は土曜日・・・・近くの銀行に行くためにサイクリングも兼ねてお外に・・・・。その銀行の近くの家に前に・・・・。


柿



10月になるとこの辺では、梨の露天販売のお店が柿の露天販売のお店に変わってくる。それだけでなくて、酒屋さんやスポーツ店、さらには一般の家でも、こんな風にして柿の臨時露天販売の店がオープンする。よこさまが見つけたのは、その一般の家の方の前にこんな感じで置かれていた。ちょうど家の人が応対してくれて、もうひとつ柿を頂いた。これで200円は安いよね(^-^)

さて・・・今日の夜はひさびさにライブを楽しむぞ!!その前にビデオショップで借りた「真夜中の弥次さん喜多さん」を見るかな・・。なにしろ超最新作なので明日には返さないと・・・・。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
「エコロジカル・ファンタジー」絵本
2005-10-10-Mon  CATEGORY: 未分類
これは・・・宣伝になるかな?まぁ、いいかぁ。よこさまの友人・・・はじめてHPを作りました。それも、どうやら、「ホームページビルター」とかそういうヤツを使わないで作った処女作なんだそうですよ。「エコロジカル・ファンタジー」絵本といいます。HPアドレスはこちらですね。http://www.geocities.jp/gemizuno/
「リンク」にも入れたので、どうか見て、そして、協力出来る方は協力してあげて下さい。よろしくです。
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
少しずつ回復・・・・
2005-10-10-Mon  CATEGORY: 未分類
先週の水曜日から出社して、昨日の日曜日に3週間ぶりに自分の教会へ・・・。まだ、階段を上り降りする時がしんどいけれど、少しずつ回復しているのがわかります。いろいろな方々が心配してくれて、何かと気遣いをしてくれた。うれしいことですね。
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
秋です
2005-10-05-Wed  CATEGORY: 未分類
体力の回復を図るために、外へ散歩・・・。近くに露天販売のお店があり、小松菜を買った。あと・・・イガがついた栗が・・・。思わず「パチリ!」・・・いつの間にか、秋になっていたんですね。さぁ・・。頑張ろう!!


栗

ページトップへ  トラックバック0 コメント1
赤い羽根募金・・・
2005-10-03-Mon  CATEGORY: 未分類
赤い羽根募金・・・今日で2回目です。10/1・・・退院の日に病院の近くの駅で初めての募金・・・そして今日・・・歩けるかどうか、試すために近くを散歩。そうしたら・・・自宅の近くの教会の牧師さんが募金を呼びかけていた。よこさまに気づいて、大きな声で「赤い羽根募金、ご協力お願いしま~す。」この牧師さんは、私の高校時代の先輩で親友・・・こうやられたら、仕方がない。「ハイハイ・・・わかりました。間違えて腕に刺さないで下さいよ。もう、輸血や点滴でイヤというくらい針を刺されましたからね。」というわけで、2回目の赤い羽根を付けられました。また、町内会からも500円募金が回ってくる。「ホワイトバンド」同様、赤い羽根募金も、よろしくです。(^-^)赤い羽根

ページトップへ  トラックバック0 コメント1
退院しました・・・今、自宅で療養中です(^-^)
2005-10-03-Mon  CATEGORY: 未分類
ハ~イ、よこさまは、先週の土曜日・・・予定より一週間早く退院できました。ここで、本当にいろいろな人からメールでの励まし、ブログでのコメント・・・中には、わざわざお見舞いに来てくれた方もいたにして・・・。クリスチャンの方々は、よこさまの教会の牧師先生をはじめ(わざわざ自分の体調が悪いのにもかかわらず、来て下さった)信徒の方々・・・そして多くのクリスチャン・ミュージシャンの方々そしてそのファンの皆々様の熱きお祈りのお陰・・・と本当に嬉しく思っています。<(_ _)>
ヘンだな・・・と思ったのは、9/16・・・その日、各階の職場の資料を差し替えるために階段で行き来していたのだけれど、少し階段を上がるだけでとっても息苦しい・・・。昼休みに、寝たら直ったのだけれど、夕方データを検索しようと思ってキーボードを打ったら、少し痺れるようなそんな感じがした・・・。
あとは、病院から携帯メール経由でカキコした通りの事が起こったわけだが、一度目に救急車でT大付属病院に運ばれたが、救急車の中でも、T大付属病院のお医者さんも、よこさまの身体を直接触ることなく、心電図等の機械の結果で正常・・・ということで病院を追い出されてしまった。病状を話し、しかももっと呼吸がしづらくなってもである。同じような症状が前にもあった時(1年くらい前)職場を早退し、自宅の近くに最近出来た街医者さんも、やはり身体に直接障ることなく、スタッフに心電図等を任せたまま、パソコンの画面でマウスをクリクリ・・・それで痛み止めを出しただけだった。
救急車でT大付属病院に行き、そして、そのまま追い出され・・・タクシーで自宅に戻る・・・ますます歩けないほどヒドイ状態になった。次の日・・・この近くの古い町医者・・・「サツキとメイの家」のような病院なのだが・・・そこのは、まず聴診器で胸の鼓動を見てくれたり、脈を手で取ってくれたり・・・そしてよこさまの目の瞼を見て・・・「大貧血していますよ。多分内臓から出血しています。採血します」とのことになり、結局、家内の機転でその老医者から紹介してもらって再度救急車でこの聖マリアンナ医科大学病院に入院…救急車も前より設備がいい救急車が来て、救急隊員に「申し訳ありませんでした・・・」と言われて運ばれた。聖マリアンナ医科大学病院についたあとの処置は、実に迅速だった。あっという間に、いろいろな検査をされ、若い医師が「よこさま、大変失礼ですが、肛門に私の指を挿入します。それで、内臓からの出血の程度がわかりますから・・・」ということで・・・。その結果「間違いありません。腸か胃・・・多分胃ですね。CTをしてから胃カメラで検査してします。場合によっては、胃カメラの機能を使って止血します。」と言われたのまでは覚えている。あとは・・・ボーッとして何が起こったのか、何をされたのかはあまり記憶にない。
入院中、福音書を特に読んでいたが、ジーザスは、病気にかかった人に、「よくなりたいか」といわれ癒された・・・とある。その癒し方は、それそれ違うが、その多くはその病人に触れて下さった・・・とある。(マルコ1:40~42など)病人に触れる・・・ということが如何に大切なのだ・・・ということを身を持って体験しました。
それから、輸血・・点滴と治療が続いて・・・でも、輸血が終了したときに少しずつ歩けるようになった。結局10日の入院だったが、いろいろな事を学ばされた・・・そして、いろいろな方にお会いした。それは・・・いずれ・・・。点滴

ページトップへ  トラックバック0 コメント1
<< 2005/10 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


余白 Copyright © 2005 よこさまのつれづれ草. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。