不良クリスチャン、よこさまの教会生活、感じた事、そしてクリスチャン・ミュージシャンのライブレポートなど・・・特に「ジーザス」については、熱く語ります。(*^-^*)ゴッド・ブレス・ユー!!
よこさまのつれづれ草
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
「森の戦士ボノロン」・・・これがあの・・・。
2005-08-06-Sat  CATEGORY: 未分類
20050626211935.jpg

以前、カキコして忘れていました・・・・というわけで、もう一度。「森の戦士ボノロン」という小雑誌・・・以前セブンイレブンに置いてありました。今はもうないようだけれど・・・でも昨日何気なしに週刊誌をみていたら、8/10に第2団が発売されるとか・・・・。
あとこちらのHPでも見ることができますよ。ぜひ、見てくださいね。
http://anime.goo.ne.jp/polamelu/
それで・・・この作者が・・・なんと「北斗の拳」や「花の慶次」の作者の原哲夫さんなんで、なおビックリ!!「北斗の拳」はパチンコのシリーズにもあるし、そして現在リメイク版の「掃天の拳」というのがあるくらいだから説明がいらないかな?自分も「北斗の拳」や「花の慶次」の作品は大好きだ。話は、全然脱線してしまうけれど、「北斗の拳」の登場人物で好きなのは、南斗白鷲拳のシュウ・・・知っている方はいるかな?あと・・・南斗白鷲拳のレイの妹・・・実は、私の娘の名前は、このレイの妹から録りました。(他にもいろいろな意味を持たせたのですけれどね。)まだまだ・・・トキにラオウ・・・あとサウザーも好きだなぁ。(わかる人いるかな?)
それから比べると、「森の戦士ボノロン」は絵のタッチも違うし、キャラも違うけれど・・・でも、テーマは同じような気がするなぁ。
「北斗の拳」のケンシロウも「花の慶次」の前田慶次(実在の人物だよ。上杉謙信の養子の上杉景勝に仕えた人物で、加賀100万国の前田利家の甥にあたる。)も、いろいろな人が困った時に登場した。「森の戦士ボノロン」は、「涙」を感じた時に登場するらしい。そういう意味では、理想の「正義の味方」かな。
バイブルに「イエスは涙を流された」というとっても短いひとことがある。あの「ギネスブック」にも「一番短い聖書の一節」と載っているくらいだ。「ラザロ」という人物が死んでしまう。そしてラザロの姉のマルタとマリア・・そして多くの人々が悲しんでいる姿を見たときに、ジーザスは涙を流された。そして・・・・「ラザロよ。出てきなさい。」と叫ばれた。するとラザロは生き返った・・・と「ヨハネの福音書」にある。これは、ジーザスが行なわれた最大で最後の奇跡だ。
「涙」・・・で登場する「森の戦士ボノロン」・・・どんな活躍をするのかな?原哲夫さんの新しいキャラクターに期待しています(^-^)
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントO-E | URL | 2005-08-23-Tue 00:47 [EDIT]
よこさま~ おひさしぶりです。(ぺこり)
ボノロン・・ 新しいのが出ましたね。
もしも、まだGETしていなかったら、
セブンイレブンに GO! GO!~ (^^)
トラックバック
TB*URL
<< 2017/05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


余白 Copyright © 2005 よこさまのつれづれ草. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。